むくみと腎臓病については、かなり強い関係性があります。腎臓病が原因でむくむことはよくあります。腎臓は、水分の調節を行う重要な役割を担っています。腎臓病になると水分を調節する機能が低下するので、調節しきれない水分が溜まることでむくみが起こるのです。腎臓病の場合、特徴的なのは、顔にむくみが現れることです。
目の周りが腫れぼったくなり、まぶたが重くなります。腎臓病の場合、顔だけではなく、しばらくすると、足などにも症状が出てきます。腎臓病の中でも最もむくみと関係しているのは、ネフローゼ症候群というもので、むくみの原因が重なって出現します。寝ていると背中や腰がむくみ、手、足、顔が腫れ上がってきます。さらに時間経過により、腹部全体が膨れ上がってきます。むくみが出た場合、腎臓が悪い可能性があります。むくみの原因として腎臓病は最も関係しているので、むくみが出た場合は、腎臓病を疑ってみる必要があります。腎臓病は、腎不全、急性糸球体腎炎、ネフロ-ゼ症候群などに限られますが、急性腎炎の場合、朝の起床時に顔やまぶたにむくみが出ます。

むくみの原因解決法